情報セキュリティ基本方針


株式会社タロスシステムズは、業務改善システムの販売とサービスの提供を通じて、時代の変化を見据え、お客様のニーズを汲み取り、 安全性・信頼性の高いコンピュータシステムサービスの提供など、事業を通じて豊かなシステムソリューションの実現に貢献してまいります。 そのためには、ネットワークおよびサーバーインフラまたIT サービスプロバイダーとしてお客様やお取引先様などからお預かりする情報を含む すべての情報資産を適切に保護することが重要な経営課題であると認識し、お客様や社会の信頼に応えるため、情報セキュリティ方針を定め、 情報セキュリティマネジメントシステムを構築し、継続して維持、改善することを宣言します。



1.情報セキュリティ組織


情報セキュリティを推進し、構築・運用を統括する情報セキュリティの目的や方向など、重要事項の施策を決定する管理部門の設置し内部規定の策定をします。
これら組織を通して継続的な情報セキュリティを実現する。

2.情報セキュリティ対策の態勢


情報セキュリティ強化の推進にあたり、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を確立する。これに沿って情報資産の機密性・完全性・可用性を保護し、事業を継続するための物理的対策・人的対策・技術的対策を施す。

(1)物理的対策:施錠や入室制限など

(2)人的対策:教育・訓練や手順書の遵守など

(3)技術的対策:機器・回線の冗長構成やファイアウォールの導入など


制定日:2019年10月7日

株式会社タロスシステムズ

代表取締役社長 粟飯原 光広